品川区五反田の英会話クラブETPの発音向上計画!

 

本日は昨日の記事で疑問が出て来たwalkとworkについて違いで、疑問がでてきたə́の音について調べて見ました。

2種類に意見が別れるビデオ

最初に結論から言うと、いかにも違いがある風に言うビデオと、音自体は同じだよと言うものが大半でした。

まずはこちら。

こちら(↑)のビデオでは音に違いがあると言ってるように感じるが、

 


こちら(↑)のビデオでは、長さが違う同じ音だと言っている。
(音の作られ方は一緒だと言っている。長さとストレスがかかるかどうかが違うとのこと。)

しかし、


この(↑)動画を見る限り、やっぱり、長さとストレスだけじゃなくて、根本的に音も少し違うんじゃないかという気もしてくる。

こいつらの言うことを信じていいのか?

3つ目の動画では聴き比べられるが、何が違うのかを自分なりに感じたことを書くと

ə ウに近いア
ʌ́ アに近いア
ɑ́ オに近いア

という感じだと思えた。

以下の3つで上記の動画では聴き比べられるが・・・(3:25〜の所)

because / bikɔ́ːz /
buddy / bʌ́di /
body / bɑ́di /

 

becauseにə入ってないやん!そりゃɔ́ːだからオにきこえるやん!

とも辞書調べたら思ったが、

別の辞書では/bɪˈkʌz/ もあるようだ。(だとしてもəじゃなくてʌだけども・・・)
ということで、あまり信用できない動画だと結論づけた。

ə ʌ́の違いはストレスの量が違うだけ説優勢

そしてさらに調査したが

こちらの動画でもやはり、ə ʌ́の違いはストレスの量が違うだけだと言っている。

とすると、個人的にbuddy対してbirdieは

buddy / bʌ́di /

birdie/ bə́ː(r)di /

ə́なのにストレスかかってるし、伸びてる(ːマークがある)やん!(その場合はʌ́じゃないのか?)
とツッコミたくなってしまうのが謎すぎる。

 

ただ、色々調べて思ったのは、ʌ́はあくまでア程度の長さしかないから伸ばしたい時はːマークがつくものと思われる。(バーディだから、バディじゃないから伸ばすためにと言う意味)

辞書の記号とネイティブの主張は結構バラバラ

このビデオに至っては

undone / əndʌn /
を用いて長さの違いを強調しているが、私の辞書では
undone/ ʌndʌ́n /

となっている。
つまり、əの長さとʌの長さがどのくらいかということは、結構いい加減説が高いということだと思われる。

辞書によって違う。人によって違う。さらにいくと同じ音だったはずだが、

work / wə́ː(r)k / の辞書もあるし、wɜːk/と

新たな記号ɜを用いてくる辞書もあった。
(その辞書はちゃんとə́の記号も使ってるからə́とɜは別物扱いしていると言える)

ややこしいので、長さとストレスが違うという説明で良いと結論付ける

そんなややこしい現状では、長さとストレスが違うという説明を採用した方が、納得もしやすいし、統一感がないのならば、これ以上調べる気にもならないから、それで十分だと思われる。

 

一応、辞書にもそれを後押しするかの説明があった

長さとストレスが違うということを証明してくれそうなのが、例えばこちら

but / bət | bʌ́t /

ある辞書ではこう書いてあるので面白い

but
/(弱形) bət; (強形) bˈʌt(米国英語)/

weblio英和・和英辞書です。

と。いうことは、これはやはりかなりの確率の、ストレスと長さの違いだと考えても差し支えないでしょう。

と色々見ていたところ、こちらOxford Learner’s Dictionariesにて

BrE /bət/ ; NAmE /bət/ ; BrE strong form /bʌt/ ; NAmE strong form /bʌt/

つまり、
イギリス英語だと/bət/

 

(NAmEはNorth American Englishのことっぽいので)
アメリカ英語でも/bət/

 

強くなったら両方とも/bʌt/

ということなので、考え方として、長さの違いというのはほぼ間違いないようです。

 

Oxford Learner’s Dictionariesは聴き比べられるのが大きいね

そして、この辞書は、ネット上でこの音たちを聴き比べられるのがでかい。
実際音を聞いて見るとəはいうか言わないかでやめちゃうけど、ʌは割とアがはっきり聞こえる的な感じでしょうか。

かといって、ストレスかかってるからってアーってほどにはなってないと。

 

ま、いずれにせよ、同じ音質であることで合ってそうという確認が取れたので、それでOKです。

結論
特に口をどちらかの方向に開くわけではない状況で、アと言って出る、いかにもカタカナのアに
近いサウンドがʌで、ストレスがかからなく、短くボソッといったそれがəということで
ここでは結論づけたいと思います。

 

つづりの視点からも確認 u が ə/ʌ

最後にフォニックスの観点からも、確認しておきます。
最近割と頼りにしてるこちらのサイト
あいうえおフォニックス くらい あ u

では、
ʌを暗いあ
əを弱いあ
と表現しており、

ローマ字では u を「う」と読んでいるけど、英語では「あ」のことが多い

で、その時のあが

ʌかəなのだろうと。

 

o oo ou も ə/ʌ

んで、暗いあ つまりʌになるつづりは、このサイトでは
o oo ou

month / mʌ́nθ /
flood / flʌ́d /
country / kʌ́ntri /

ur ir er w+orも ə/ʌ(の伸ばす版)

と伸ばす形で
ur ir er

turn / tə́ː(r)n /
first / fə́ː(r)st /
finger/ fíŋgə(r) /


wにorが着いた時も暗いあ(ə/ʌ)らしい。

 

くらいみたいです。

 

まとめ

ということで、ə́もしくはʌ́がでてくるつづりは
u
o oo ou
ur ir er
wor
と言う感じみたいです。

このつづりの時は、ə́もしくはʌ́サウンドを思い出してみると良さそうです。

 

そして元々の調べてた単語 work / wə́ː(r)k / は w+orに該当し、ワークで全然良さそうです。

自分的にはなんか納得できましたが、皆さんに参考になったかな?

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
林 昌平のレターポットはコチラ

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する、カードゲーム等をしながら楽しく上達を目指す英会話クラブです。
次回は12/24(月 祝) 10:00〜11:30 カフェベローチェ西五反田店7丁目店 (品川区西五反田7丁目9−2 KDX五反田ビル1階)開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※席が取れない場合は、カフェを移動することもあるので、来る際は連絡必ずください。何かありましたら問い合わせよりお願いします。