文法

昨日の分詞構文の疑問 回答編です。文法じゃないとのこと。

品川区五反田の英会話クラブETPの文法チェックの回です。

 

今日は、昨日の文法に対する疑問が、完全とは言わないまでも回答が得られたので、共有します。

 

昨日の質問の再確認 book growing up は変じゃない?

まず、昨日の疑問から確認すると

it was your favorite book growing up

引用:https://bigbangtrans.wordpress.com/series-7-episode-06-the-romance-resonance/

という表現がドラマで出てきまして、訳し方に疑問がでました。

 

日本語字幕 子供の頃の愛読書

ドラマの日本語字幕では

子供の頃の愛読書よね

でしたが、

 

本が成長しているって??

book growing up という表現は 本が成長している という意味にとったほうが文法的には自然かなと感じたので、私が訳すと

それは、君の好きな成長している本よね

となってしまい、字幕の表現と全く意味がずれてしまいます。

 

成長している本ってなんじゃいな?となってしまうということです。

 

ネイティブに聞いてみた

んで、聞いてみたネイティブ曰く

こういう風に意味が省略されてると考えるのが正しいとのこと。

It was your favorite book [when you were] growing up.

 

文法じゃないよと

ちなみに、分詞構文(a participial construction)ではないと思うと言われました。

じゃあ何?wというところ

違うかもだけど、これは文法的なものじゃないよ 多分

I might be wrong, but I don’t think this is actually a grammatical construction. It seems like a shortened form of, “It was your favorite book when you were growing up.”

とのこと。

 

単なる話言葉だよと

話し言葉でよくある形態なだけなんじゃないかな?とのこと。

it doesn’t work with most other verbs. I think it may just be a colloquial construction.

 

別の人は 意味が明らかだから略したんだと

また、別の人曰く
grow upは基本的に本が成長するといわないのは明らかだから、文章の最後に来た際には、言わなくても人が成長するという意味に普通取るのです。とのこと。

it may seem weird because of the word order. To put it another way, “While you were growing up, it was your favorite book.” Since people know that books don’t “grow up,” then when “growing up” is put at the end of the sentence (“It was your favorite book growing up”) they know that “growing up” refers back to the person, and not the book.

 

3人目の人もやはり同じだが、もっと詳細に説明くれた

3人目の方は
when you wereがこの文章では省略されています。
英語話者は、意味が明らかな場合、しょっちゅう、こういう節を省略します。

there was a hidden clause ‘when you were’. English speakers often drop these clauses when it is ‘obvious’ what the meaning is.

しばしば、英語では、実際に書かれてる文章の意味と、意図されている意味に違いが生じて、これが、文章の理解の間違いが来る元になります。

Often in English there is a difference between the literal meaning [the words] and the intended meaning [understanding of the obvious], this is where much English language humour comes from misreading such sentences.

で、悲しいことに、この文章は、本が成長して、好きな成長する本を持つ本(でいいのかな?ここ、主語がよくわかりません)ではありません。

So, no, sadly the sentence is not about books growing taller and having a favourite of the books that grow.

じゃあ、どうやって見分けるの?それは、 growing upとかだいたいフレーズが決まってるんです。

So how do we know when there are these hidden clauses? Often they occur when there is a common idiom, such as ‘growing up’.

子供達に教えるときは、
「they are ‘growing up’ ‘getting taller and more like grown ups [adults!]」
と教えます(ここ、ちょっと意味がとりづらいです・・・)

本が成長しないのは知っているので、本が成長するとは考えないのです。

We say to children that they are ‘growing up’ ‘getting taller and more like grown ups [adults!]. We also know that books do not grow, so look to see if the phrase is ‘favourite book’ rather than ‘book growing up’

 

確実に言えることは2つ

まあ、聞いた説明文もちょっとわからないところはありますが、
この文章に限っては以下のことが言えるということです。

(1)省略されているのは [when you were]である

(2)文法的にどうってことじゃなくて、明らかだから言わなかっただけ。

これって、いい例思いつかないけど、

たまに日本語でもあると思う。主語述語の関係みたいなの、おかしいけど、自然に伝わるってこと。

そのコンピュータ、高いね?

って言った時に、

そのコンピュータの値段は高いね

であって、 コンピュータの高さが高い訳じゃない
みたいな感じだと思われます。

 

めでたしめでたし

ということで、多少スッキリしました。
ご協力いただいた、ネイティブの方、誠にありがとうございました。

きっと、これを読んでいただいた人にも役に立ったのではと思います。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する英会話クラブです。
次回は8/18(土) 10:15〜11:45 プレジデントハイツ五反田901開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※部屋はレンタル業者経由でレンタルしてるだけなので時間外に行ったり、建物の管理人に質問したりしないでください。ご迷惑がかかりますゆえ。何かありましたら問い合わせよりお願いします。

分詞構文なのかなんなのか?文法の疑問を共有します。

品川区五反田の英会話クラブETPの文法チェックの回です。

 

今日は、またドラマで言いたいことはわかるんだけど、文法的にどうなのか疑問がでたので、共有します。

ingの使い方がわからない

it was your favorite book growing up

引用:https://bigbangtrans.wordpress.com/series-7-episode-06-the-romance-resonance/

という表現が出てきました。

 

ドラマの字幕では

子供の頃の愛読書よね

とありました。

 

意味として、そういう風に取るのは、なんとなくわかる気がします。
だけど、

it was your favorite book growing up の book growing のところ、
どう解釈したらいいのか、ちょっとわからないのです。

 

 

通常、分詞構文(?)で
book の説明で growing up が来てるような気がするので、

grow upは成長するなので
bookがgrowup = 本が成長する

その本はあなたの好きな成長する本です。

 

みたいな意味になっちゃって、なんかモヤモヤします。

これ、どう文法的に解釈したらいいんでしょうか?

 

 

今、ネイティブに質問中ではありますが、回答がもらえるかわからないので、誰かしってる人がもしいれば教えていただければありがたいです。

回答がもらえたら明日以降のブログでもちろん更新して共有します。

 

といった今回でした。

 

#回答もらえましたので、ブログに記載しました。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する英会話クラブです。
次回は8/18(土) 10:15〜11:45 プレジデントハイツ五反田901開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※部屋はレンタル業者経由でレンタルしてるだけなので時間外に行ったり、建物の管理人に質問したりしないでください。ご迷惑がかかりますゆえ。何かありましたら問い合わせよりお願いします。

昨日の続き 使役動詞の復習 なぜgetはto 動詞の原形なのか?謎でした

品川区五反田の英会話クラブETPの文法チェックだぜ。

 

 

 

昨日の

の続きです。

 

使役動詞の確認します。

昨日はthere is 構文を確認しましたが、使役の動詞letについて、まだでしたので、そちら確認します。

以下:引用
https://www.englishpage.com/minitutorials/let.html

使役の動詞

英語ではcausative verbという。


make/have/let + 人 + 動詞の原形
get + 人 + to 動詞の原形
意味
人に〜させる
違い
make / have / get / let の順で強制力が弱まる。
make
to force someone to do something
誰かに何かを強制する
have
to give someone the responsibility to do something
誰かに何かをする責任を与える
get
“to convince to do something” or “to trick someone into doing something.”
何かをする説得をする か 何かをさせるように誰かをだます
let
to allow someone to do something.
誰かに何かをするのを許す

getとhaveは意味が似ているが、交換可能ではあるが、完全に同じと言う訳ではない

getの場合の例

I got the mechanic to check my brakes.
メカニックにブレーキをチェックさせた。
At first the mechanic didn’t think it was necessary, but I convinced him to check the brakes.
最初に、メカニックは必要だとは考えなかった。
だが、私が彼にブレーキの点検を説得した。

haveの場合の例

I had the mechanic check my brakes.
私はメカニックにブレーキをチェックさせた。
I asked the mechanic to check the brakes.
私はメカニックにブレーキの点検を尋ねた。

なんでgetだけto動詞の原なの?

ここである種究極の疑問が生じる。
なんでgetだけto 動詞の原形なの?と。
一体、何が違うの?と。

同じことを思う人はやはりいました。

Bare Infinitiveというのはtoがいらない動詞の原形のことです。

しかし、結論から言うとネイティブ?っぽい人の書き込み曰く

「わかんないけど、それが文法ルールなのさ」

とのこと・・・。

残念です。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する英会話クラブです。
次回は8/18(土) 10:15〜11:45 プレジデントハイツ五反田901開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※部屋はレンタル業者経由でレンタルしてるだけなので時間外に行ったり、建物の管理人に質問したりしないでください。ご迷惑がかかりますゆえ。何かありましたら問い合わせよりお願いします。

 

なぜthere is は固有名詞の時には使えないのか?その謎に迫ってみた

品川区五反田の英会話クラブETPのわかりにくい所解説。

今回は、ぱっと言われたらなんのことだかわからなかった所です。

 

複数の否定文が入るとぱっとわからん

それがこちらの文章

Penny: It was a long story. Anyway, Sheldon, I promise I know what I’m doing. Please let me cut your hair.
ペニー:長い話なのよ。とにかくシェルダン、私がするのを約束するわ。髪を切らせて。

Sheldon: Amy, what do you think?
シェルダン:エイミー、どう思う?

Amy: There’s not a hair on my body I wouldn’t let this woman trim.
エイミー:全身の毛を託すわ

引用:https://bigbangtrans.wordpress.com/series-5-episode-18-the-werewolf-transformation/

 

冷静に考えてみる

分けて考えると、こういうことでしたね。

There’s not a hair on my body
私の体に髪はない

I wouldn’t let this woman trim
私がこの女性に切らせない(髪はない)

 

 

ということで、字幕曰く、「全身の毛を託すわ」となるのですが、何がパッとわかりずらかったのか?

 

否定が2つもあるとわかりづらい

おそらく、英語によくある否定で表す表現が2つ重なったことだと思われます。

まずは、There’s not

直訳だと 〜がある はない。

次に wouldn’t let

直訳だと 〜させない

 

 

だから日本語だと

この女性に切らせない髪があるのはない

みたいな感じになるので、多分、何言ってんだ?とこんがらがるんだと思います。

 

 

対策は特にないですが、冷静に復習するしかありません。

関連文法を復習していきましょう。

 

 

 

以下引用:https://honmono-eigo.com/bun/thereis

There is 構文の復習

There is+名詞で、「~がある」という存在を表すことができます。

名詞が複数形の場合は、isをareにします。

There is構文には制限があります。特定の物、人を表す名詞と一緒に使うことはできません。

Tokyo is in Japan.
ここで、There is Tokyo in Japanとは言えません。

There is構文の短縮形

There is → There’s
There are → There’re

否定文と疑問文

There is構文の否定語notは、be動詞の後ろにつけます。

公園には子供一人もいなかった。
There were not (weren’t) any children in the park.

疑問文では、下記の例文のようにthereとbe動詞を入れ替えるだけです。応答文では「Yes / No, there+be動詞」となり、名詞を言う必要はありません。

Are there some rats in this hole? Yes, there are. / No, there are not (aren’t).

助動詞が含まれているThere is構文

There is構文には、be動詞の前に助動詞を置くことができます。その場合、be動詞は原型のbeとなります。

There may / might be a cat in my house.

 

「特定の物、人を表す名詞と一緒に使うことはできません。」がなんでなのかちょっと気になりました。

 

 

こういう時は、やはり英語の文章で見てみるのが吉です。

あーりました〜
https://english.stackexchange.com/questions/414825/can-we-use-there-is-proper-noun

どうして固有名詞は使えないのか?

We know that we can say:
こう言えるのは知ってます。

There is a play at the theater tonight.

But can we say:
でも、こう言えますか?

There is Hamlet at the theater tonight.

The last sentence sounds a bit odd, but it’s not clear why.
最後の文章はちょっと変。でも、どうしてかクリアじゃない。

Is this grammatical. If not, why?
これが文法のことなら、どうして?

Is it because Hamlet is a proper noun?
それは、ハムレットが固有名詞だから?

に対して回答は2つ

 

その通り。こう言うのがいいよ

Yes, but perhaps better to say

そうです。でも、多分こう言ったほうがいい。

“Hamlet is playing at the theatre tonight”, or “Hamlet is on at the theatre tonight”.

 

文脈によっては言わないこともないけど、単独では変な感じ

Your first example, ‘There is a play on at the theater tonight’, is fine as a standalone sentence (as well as in the following context).
最初の例、
‘There is a play on at the theater tonight’
は通常の文章として大丈夫です。

‘There is Hamlet on at the theater tonight’ would only normally be used in context,
‘There is Hamlet on at the theater tonight’ は通常、次の文脈でだけ使われるだろう。

after say ‘Is there anything worth seeing in town at the moment?’
これを言った後
‘Is there anything worth seeing in town at the moment?’

As a standalone,
単独の文章として、

‘Hamlet is on at the theater tonight’ is far more idiomatic.
‘Hamlet is on at the theater tonight’がネイティブが自然に喋る感じだ

ということで、要するに文脈によっては言わないこともないけど、単独では変な感じだよと。

ある種答えにはなってませんね・・・

 

 

多分、一般的なネイティブスピーカーになんで??って聞いても、わからない系の質問なのでしょう。

しかし、私は発見しました。こちらは納得できます。

なぜ固有名詞を使えないのか?

引用:https://www.quora.com/Why-dont-we-use-there-is-are-with-proper-nouns

Why don’t we use “there is/are” with proper nouns?
なぜ、固有名詞にthere is を使えないのか?

There is a (more or less) logical reason for this.
論理的な理由があります。

Normally, when we use the construction “There is/are/was/were/etc.”, we mean that something exists in the place or time specified:
通常、there is構文を使う時、それは何かが特定されたその場所や時間に存在していることを意味します。

“There is still honey in the jar.”
ツボにははちみつがある

“There have been lots of cloudy days this summer.”
今夏はたくさんの雲がある

However, by definition,
しかし、当然のこととして

a proper noun refers to something which we already know exists (even if it only exists in the mind of the speaker).
固有名詞は、すでに我々が存在を知っている何かを示すのです。(たとえ、それが話者の頭の中だけに存在しているものでも。)

We would say
このように我々はいいます。

“The Pacific Ocean is to the west of the Americas.”

but not normally
しかし、普通はこうは言わない。

“There is the Pacific Ocean to the west of the Americas.”

because we don’t need to tell anyone that the Pacific Ocean exists.
理由は、太平洋が存在していることを誰にも言う必要がないからです。

This is the reason we do not usually use “there is/are” before proper nouns.
これが通常固有名詞にthere is を使わない理由です。

However, there are other uses of “there is/are”.
しかし、他の使用法もあります。

For example, “there” can simply mean “in that place”:
例えば、thereは単純にその場所を示します。

“There’s our hotel, up ahead on the right.”
ホテルが右側の前にあります。

In this usage, it is indeed sometimes logical to use “there is/are” with proper nouns:
この使い方では、実は時々、論理的に固有名詞と使われます。

“There was the Pacific Ocean, right in front of us.”
太平洋がすぐ我々の前にあります。

まとめると

要するに、知ってることにわざわざあるって言うのは変だと。

日本には東京があります。→知ってるわ!
東京が目の前にあります →ほー、東京に来たのか〜

みたいな感じでしょうか。
そこに という意味があれば使用可能で、一般的にあるよ と言おうとすると変な感じだと。

 

 

とまあ、こんな感じでした。

次回は、もし調査できたら、それと、使役動詞letを復習してみますね。

続きはこちら昨日の続き 使役動詞の復習

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する英会話クラブです。
次回は8/18(土) 10:15〜11:45 プレジデントハイツ五反田901開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※部屋はレンタル業者経由でレンタルしてるだけなので時間外に行ったり、建物の管理人に質問したりしないでください。ご迷惑がかかりますゆえ。何かありましたら問い合わせよりお願いします。

文法も勉強しちゃいますよ!

品川区五反田の英会話クラブETPの文法ゲットだぜ!

 

はぁじまりましたぁ!

単語だけじゃなく、文法も取り上げていこうというのを決意しまして、今回からやってまいります。

初回は、そもそも文法とは?について考えていきたいと思います。

文法とはそもそも?→従うべきルール

文法(ぶんぽう、英: grammar)とは、言語の体系、およびそのモデル、およびそれをもとにした、ある個別言語の話し手が従うべき規範である。

引用:wikipediaより

 

ということで、スポーツにせよ、ゲームにせよルールがあると思います。
言葉を使って喋る際にも、ルールがあるので、そのルールを文法と呼んでいるわけですね。

日本語のルールなら?

あまり意識しないですが、例えば日本語ならどういうルールが文法として言われているのでしょうか?

参考:今さら聞けない小学生の時に学んだ日本語の文法をおさらい

D.命令文
命令文は、命令・禁止・願望の意味を述べる文です。言い切りの文節が命令形で終わったり、禁止をあらわす助詞の「な」で終わります。

引用:今さら聞けない小学生の時に学んだ日本語の文法をおさらい

言われるまでいちいち「な が禁止を表す助詞」などとは思ってませんでしたが、確かに 〜な と言えばそれが禁止の意味になりますね。

英語だったらなんでしょう?

Prohibition = It’s Not OK
English Phrases – Prohibited
英語のフレーズ 禁止

You’re not allowed to swim here.
ここで泳ぐのは禁止されている

English words used for prohibition:
英語で禁止の意味で使われる言葉は以下で

can’t      (より非公式な場面で使われる)
mustn’t     (より公式で禁止を表す際に)
not allowed   (公式でも非公式でも)
not permitted   ?

引用:https://www.espressoenglish.net/common-english-words-permission-obligation-prohibition/
日本語は私が付加。

 

ということですが、「な」 は英語でいうとここにはない don’tって感じでしょうかね・・・。

な をつけるだけで、本当に禁止か?一応考えて見た

タバコをすうな
人を殺すな
携帯をいじるな

むしろ、なをつけて、禁止にならないときはないんでしょうか・・・?

菜の花

これは名詞ですね・・・あ、思いつきました。

君は学校にいったな!

意味は行ったに違いないというような意味ですね。

意味が複数あってなんで?と思う時は「な」を思い出せ!

な をつければ何でも禁止かというとそうでもないですが、その一方でなをつけると禁止の意味になるというのも確かにでした。

 

英語だと mustが「しなければならない」だけど、場面によっては「違いない」という違った意味になるのも同じ感じでしょうか。

 

なんで、一つの単語で複数意味があるんだ〜と思った時は、そういえば「な」も複数あったな それと一緒だ と思い出せば納得しやすいでしょうw

まとめ

ということで、な をつければ禁止という意味である(=英語ならcan’t をつければ禁止という意味である) というルール=文法 を知っていくということが文法の勉強ということですね。

 

こんな感じで
なるべく「日本語ならどうか?」を考えてみて、より納得感を出して行きたいと思ってます。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する英会話クラブです。
次回は8/18(土) 10:15〜11:45 プレジデントハイツ五反田901開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※部屋はレンタル業者経由でレンタルしてるだけなので時間外に行ったり、建物の管理人に質問したりしないでください。ご迷惑がかかりますゆえ。何かありましたら問い合わせよりお願いします。