2018年 6月 18日の投稿一覧

延期にしたいときに言う独特の表現 Raincheck

品川区五反田英会話クラブETPのボキャブラリー増加計画。

今日は先に実際の使用シーンから見ていただきます。

今日もどちらかというとアメリカ文化を知ることにより理解できる単語だと思われます。

実際の場面

Penny: And that’s how a girl makes a scene.
ペニー:あれが女子のブチギレ

I’m sorry, sweetie. You’re right. You deserve your weekend. Come on, Amy, let’s go.
ごめんなさいね。その通り。あなたの週末だったわ。エイミーいきましょう!

Amy: What about the Science Center?
サイエンスセンターはどう?

Penny: I’ll let you hold my hair while I throw up.
私が吐いてる間に、髪を持っててね

Amy: Rain check.
断れない

引用:https://bigbangtrans.wordpress.com/series-5-episode-19-the-weekend-vortex/^

 

はい、というわけで本日の言葉は Rain Checkです。

意味 またの機会で

rain check
1〔スポーツ試合が中止になったときに客が受け取る〕雨天順延券
2後日購入券◆販売店が広告に出していた商品が売り切れた場合に、購入希望者に対して、入荷したときに(セール期間が過ぎていても)その広告の価格で購入できることを証した引換券。
3延期、繰り延べ、またの機会
・Can I take a rain check? ; Can you give me a rain check? ; How about a rain check? また誘ってくれる?/ぜひ今度また。/また今度にしてくれる?◆【場面】誘いを断る

引用:英辞郎

 

野球を見に行って、途中で雨が降ったりしてキャンセルになったときに、次回の試合のチケットをもらえた
ことが元々の意味のようで、転じて「延期」という意味になったようです。

私がニューヨークでメジャーリーグの試合が雨だった時は、選手がベースランニングしてびしょ濡れスライディングをしただけで終了した記憶がありますが・・・(笑)

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
林 昌平のレターポットはコチラ

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する、カードゲーム等をしながら楽しく上達を目指す英会話クラブです。
次回は10/21(日) 10:15〜11:45 ライオンズマンション東五反田204号 東京都品川区東五反田1-18-5 )開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※部屋はレンタル業者経由でレンタルしてるだけなので時間外に行ったり、建物の管理人に質問したりしないでください。ご迷惑がかかりますゆえ。何かありましたら問い合わせよりお願いします。

昨日の続き 使役動詞の復習 なぜgetはto 動詞の原形なのか?謎でした

品川区五反田の英会話クラブETPの文法チェックだぜ。

 

 

 

昨日の

の続きです。

 

使役動詞の確認します。

昨日はthere is 構文を確認しましたが、使役の動詞letについて、まだでしたので、そちら確認します。

以下:引用
https://www.englishpage.com/minitutorials/let.html

使役の動詞

英語ではcausative verbという。


make/have/let + 人 + 動詞の原形
get + 人 + to 動詞の原形
意味
人に〜させる
違い
make / have / get / let の順で強制力が弱まる。
make
to force someone to do something
誰かに何かを強制する
have
to give someone the responsibility to do something
誰かに何かをする責任を与える
get
“to convince to do something” or “to trick someone into doing something.”
何かをする説得をする か 何かをさせるように誰かをだます
let
to allow someone to do something.
誰かに何かをするのを許す

getとhaveは意味が似ているが、交換可能ではあるが、完全に同じと言う訳ではない

getの場合の例

I got the mechanic to check my brakes.
メカニックにブレーキをチェックさせた。
At first the mechanic didn’t think it was necessary, but I convinced him to check the brakes.
最初に、メカニックは必要だとは考えなかった。
だが、私が彼にブレーキの点検を説得した。

haveの場合の例

I had the mechanic check my brakes.
私はメカニックにブレーキをチェックさせた。
I asked the mechanic to check the brakes.
私はメカニックにブレーキの点検を尋ねた。

なんでgetだけto動詞の原なの?

ここである種究極の疑問が生じる。
なんでgetだけto 動詞の原形なの?と。
一体、何が違うの?と。

同じことを思う人はやはりいました。

Bare Infinitiveというのはtoがいらない動詞の原形のことです。

しかし、結論から言うとネイティブ?っぽい人の書き込み曰く

「わかんないけど、それが文法ルールなのさ」

とのこと・・・。

残念です。

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
林 昌平のレターポットはコチラ

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する、カードゲーム等をしながら楽しく上達を目指す英会話クラブです。
次回は10/21(日) 10:15〜11:45 ライオンズマンション東五反田204号 東京都品川区東五反田1-18-5 )開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※部屋はレンタル業者経由でレンタルしてるだけなので時間外に行ったり、建物の管理人に質問したりしないでください。ご迷惑がかかりますゆえ。何かありましたら問い合わせよりお願いします。