品川区五反田の英会話クラブETPの文法ゲットだぜ!

 

はぁじまりましたぁ!

単語だけじゃなく、文法も取り上げていこうというのを決意しまして、今回からやってまいります。

初回は、そもそも文法とは?について考えていきたいと思います。

文法とはそもそも?→従うべきルール

文法(ぶんぽう、英: grammar)とは、言語の体系、およびそのモデル、およびそれをもとにした、ある個別言語の話し手が従うべき規範である。

引用:wikipediaより

 

ということで、スポーツにせよ、ゲームにせよルールがあると思います。
言葉を使って喋る際にも、ルールがあるので、そのルールを文法と呼んでいるわけですね。

日本語のルールなら?

あまり意識しないですが、例えば日本語ならどういうルールが文法として言われているのでしょうか?

参考:今さら聞けない小学生の時に学んだ日本語の文法をおさらい

D.命令文
命令文は、命令・禁止・願望の意味を述べる文です。言い切りの文節が命令形で終わったり、禁止をあらわす助詞の「な」で終わります。

引用:今さら聞けない小学生の時に学んだ日本語の文法をおさらい

言われるまでいちいち「な が禁止を表す助詞」などとは思ってませんでしたが、確かに 〜な と言えばそれが禁止の意味になりますね。

英語だったらなんでしょう?

Prohibition = It’s Not OK
English Phrases – Prohibited
英語のフレーズ 禁止

You’re not allowed to swim here.
ここで泳ぐのは禁止されている

English words used for prohibition:
英語で禁止の意味で使われる言葉は以下で

can’t      (より非公式な場面で使われる)
mustn’t     (より公式で禁止を表す際に)
not allowed   (公式でも非公式でも)
not permitted   ?

引用:https://www.espressoenglish.net/common-english-words-permission-obligation-prohibition/
日本語は私が付加。

 

ということですが、「な」 は英語でいうとここにはない don’tって感じでしょうかね・・・。

な をつけるだけで、本当に禁止か?一応考えて見た

タバコをすうな
人を殺すな
携帯をいじるな

むしろ、なをつけて、禁止にならないときはないんでしょうか・・・?

菜の花

これは名詞ですね・・・あ、思いつきました。

君は学校にいったな!

意味は行ったに違いないというような意味ですね。

意味が複数あってなんで?と思う時は「な」を思い出せ!

な をつければ何でも禁止かというとそうでもないですが、その一方でなをつけると禁止の意味になるというのも確かにでした。

 

英語だと mustが「しなければならない」だけど、場面によっては「違いない」という違った意味になるのも同じ感じでしょうか。

 

なんで、一つの単語で複数意味があるんだ〜と思った時は、そういえば「な」も複数あったな それと一緒だ と思い出せば納得しやすいでしょうw

まとめ

ということで、な をつければ禁止という意味である(=英語ならcan’t をつければ禁止という意味である) というルール=文法 を知っていくということが文法の勉強ということですね。

 

こんな感じで
なるべく「日本語ならどうか?」を考えてみて、より納得感を出して行きたいと思ってます。

 

もし、記事が楽しかったり、役に立ったりしたと思っていただけたら、感想など、送っていただけると嬉しいです!
林 昌平のレターポットはコチラ

にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ英語&英会話 英会話ランキング にほんブログ村テーマ 英会話学習方法へ英会話学習方法

ETP品川区五反田で活動する、カードゲーム等をしながら楽しく上達を目指す英会話クラブです。
次回は10/21(日) 10:15〜11:45 ライオンズマンション東五反田204号 東京都品川区東五反田1-18-5 )開催です!
よかったら一緒に英会話を楽しみましょう( ^ ^ )
 
※部屋はレンタル業者経由でレンタルしてるだけなので時間外に行ったり、建物の管理人に質問したりしないでください。ご迷惑がかかりますゆえ。何かありましたら問い合わせよりお願いします。